SPF値が高い 日焼け止め シミにならない

SPF値が高い日焼け止めを塗ればシミにならない?

 

 

UV対策に日焼け止めクリームは欠かせないですね!

 

今回は、日本人のほとんどが勘違いしている
「日焼け止めクリームのSPF値が高ければ、シミが出来ることはないだろう」

 

という勘違いについてです。

 

SPF値を説明しますとこれは、紫外線Bをどれぐらい防ぐことができるかを数値で表しているんです。例えば、SPF値が15なら何も塗らないときと比べて15倍の紫外線を浴びるまで耐えられるという意味です。

 

この理論を持ってすると、SPF値が高ければ高いほど、日焼けしにくいということになりますね?しかし、日焼け止めは一度塗ると汗をかいたり手でこすったりして平均5〜6時間ほどで効果がキレる計算だ。

 

さらに笑ったりしゃべったりするだけでも、日焼け止めクリームは剥がれおちるわけですから、現実的には日焼け止めクリームの効果はせいぜい2〜3時間。どんなにSPF値が高かろうと剥がれてしまえば無防備です。

 

こまめに塗り直さなければ効果はありません。なまじSPF値が高い安心感から1日に1度しか塗っていない人も多いと思います。

 

SPF値が高くても、使い方によって効果を失ってしまうのでシミを作りたくない方は小まめに塗りなおしましょうね。

 

 

こちらのシミに関する豆知識も読まれています!

 

柑橘(かんきつ)系を食べるとシミが消える
皮脂を抑制する食べ物
アルコールを飲むと美肌になる
甘いものはシミ原因になる
SPF値が高い日焼け止めを塗ればシミにならない?
エステサロンのケミカルピーリングはヤバイ?!
レーザーでシミが取れない原因
化粧しない方がシミが出来ないは嘘?!
思春期ニキビと大人ニキビの違い
顔の産毛を剃るとくすみが消える
毛穴シートでは黒ずみは取れない
シミを消す食べ物
日焼け止めの選び方


おすすめ最強!シミ取り化粧品

 


ブライトニング・フォーミュラ


圧倒的なほどの支持を集めるブライトニング・フォーミュラ。

他のシミ取り化粧品と明らかに違うのは、酵素成分「マリンプロテインエキストラクト」により、お肌のターンオーバーのたびに”消えないシミの原因”となるダメージを受けた細胞を除去をしてくれるということ。

ほかのシミ用コスメでは、ダメージ細胞を除去するという発想や効果がほとんどない為、シミ・くすみ・ニキビ跡のダメージ細胞を角層まで持ち上げて排出を促します。