シミ取り 食材

シミ取り効果が期待できる食材・食品

シミ取りと言えば高価な化粧品を購入して肌のお手入れをして…

 

確かに近道ではありますが、普段行っている食事、食べ物を改善することでシミを作らない・シミを作りにくくすることでシミを取ることも可能!

 

そこでシミ取りに有効な食材・食品をまとめてみました!
(食材100g中の含有量)

 

ビタミンCを多く含む食べ物TOP10

赤パプリカ

2位以下昇降順

  • 黄パプリカ
  • ゆず(果皮)
  • アセロラジュース
  • パセリ
  • 芽きゃべつ
  • レモン(全果)
  • ケール
  • ピーマン
  • ゴーヤ

圧倒的1位は赤パプリカ。ピーマン系の食材はビタミンC含有量が優秀です。フルーツをジュースにするなら、ゆず・アセロラ・レモンなどの酸味の強い果物を中心に、スムージーにしても良し。

 

野菜なら他にもブロッコリー、カイワレ大根、モロヘイヤもTOP30に入るほどの含有量、バランス良く献立に組み込んでいきたい。美容成分のビタミンCは亜鉛やコラーゲンの合成にかかわっています。基本的にはビタミンを意識して食べることが大切です。

 

 

 

コラーゲンを多く含む食べ物
フカヒレ

2位以下昇降順

  • ウナギの蒲焼
  • 牛スジ
  • 鶏の胸軟骨
  • ハモ
  • 豚白モツ
  • トリガラスープの素
  • 砂肝
  • さんま(皮ごと)

2位のうなぎに倍近いくらいのコラーゲン含有量のフカヒレですが、高級すぎるので安い一般的な食材なら鶏肉が優秀!手羽元、手羽先、鶏もも肉、どれの部位もTOP30位以内に入るほど。

 

意外なのは鶏ガラスープの素。味付けはこれをベースにすることでコラーゲンを増やせる。ただし、ビタミンCと一緒に摂らないといくらコラーゲンを食べても意味なし。

 

 

 

亜鉛を多く含む食べ物
牡蠣(生)

2位以下昇降順

  • 豚レバー
  • ほや
  • 牛肉(肩)
  • かに缶
  • 牛肉(肩ロース)
  • 牛ひき肉
  • 牛肉(尾/テール)
  • 牛肉(ヒレ)
  • 卵(卵黄)

牡蠣は圧倒的1位なので牡蠣の美味い旬の季節にはたくさん食べたい。牛肉はどの部位も優秀、だけど値段を考えると卵・チーズ・ごま・切干大根を中心に摂取したい。飲み物なら抹茶やココアに多い。

 

亜鉛も美白を作るのに欠かせない食材。亜鉛欠乏症になると皮膚炎などの疾患を引き起こすこともあります。注意点として大量に摂取すると急性中毒を起こす可能性がありますが、常識の範囲内で食事をしていれば心配はないそう。

おすすめ最強!シミ取り化粧品

 


ブライトニング・フォーミュラ


圧倒的なほどの支持を集めるブライトニング・フォーミュラ。

他のシミ取り化粧品と明らかに違うのは、酵素成分「マリンプロテインエキストラクト」により、お肌のターンオーバーのたびに”消えないシミの原因”となるダメージを受けた細胞を除去をしてくれるということ。

ほかのシミ用コスメでは、ダメージ細胞を除去するという発想や効果がほとんどない為、シミ・くすみ・ニキビ跡のダメージ細胞を角層まで持ち上げて排出を促します。