シミ取り 効果的な方法

シミ取りについて質問。効果的な方法はなにが一番?

 

シミ取りについて質問。効果的な方法はなにが一番?皮膚科系に強いクリニック?あるいは、エステサロンのようなところでしょうか?もしシミを取られたという方、または取ろうと思っている方、どうぞご享受くださいm(__)m

 

 

 

まず最初に言っておきますが、残念ながら、エステサロンの施術者は医師ではありませんのでオススメは皮膚科で診てもらうことです。皮膚科では、主に診断と内服薬がメインではないでしょうか、ちなみに保険も聞くので費用も3割負担で済みます。意外と健康保険証が利用できることを知らない方って多いんですよね〜。確かに病気とかではないですからね、イメージはそうでしょうが実際は保険が利くと言うメリットがあります。

 

ただし、外用薬、レーザー治療については自由診療ですので全額負担となります。かなり高額になることを予想されるのでご注意ください。

 

シミには色々出来方によって種類がありまして、「日光性色素斑」、「炎症性色素沈着」、「そばかす(雀卵斑」)、「肝斑」などのシミがあります。そしてシミの種類によって、効果的な治療法は異なります。

 

日光性色素斑・炎症性色素沈着によるシミは比較的薄いシミですので、「トレチノイン・ルシノール療法」、「トレチノイン・ハイドロキノン療法」が一般的です。ただし日光性色素斑・炎症性色素沈着でも濃いシミの場合は「Qスイッチルビーレーザー」での治療が有効となってきます。

 

さらに日光性色素斑の症状が進行しすぎて角化をしている場合、治療方法も「炭酸ガスレーザー」が選ばれることがあります。「そばかす(雀卵斑)」の治療につきましては、「Qスイッチルビーレーザー」による治療が一般的、でもソバカスはどうしても性質上、再発する可能性があります。

 

また、そばかす(雀卵斑)は日光性色素斑、肝斑などと混在する場合は、「Qスイッチルビーレーザー」による治療を行なえません。

 

肝斑は、内服薬の治療が基本。おもにビタミンC製剤(シナール)、トラネキサム酸などの薬を通常、1年間投与。

 

 

保険適応に関して細かく説明いたしますと保険が利くのは

  • 診察
  • 内服薬(ビタミンC製剤・トラネキサム酸)

のみとなっております。それ以外の治療方法は全て全額負担となると思っておいても間違いないでしょう。

 

 

シミは治療方法ではなく、「予防」の方がよっぽど大切なのです。なぜなら本来、肌のシミというものは、正常なターンオーバーによって勝手に無くなっていくメカニズムだからです。UVケアや保湿、化粧水などでスキンケアをしてあげることでシミは薄くなり最終的に無くなるはずなのですから。


おすすめ最強!シミ取り化粧品

 


ブライトニング・フォーミュラ


圧倒的なほどの支持を集めるブライトニング・フォーミュラ。

他のシミ取り化粧品と明らかに違うのは、酵素成分「マリンプロテインエキストラクト」により、お肌のターンオーバーのたびに”消えないシミの原因”となるダメージを受けた細胞を除去をしてくれるということ。

ほかのシミ用コスメでは、ダメージ細胞を除去するという発想や効果がほとんどない為、シミ・くすみ・ニキビ跡のダメージ細胞を角層まで持ち上げて排出を促します。