紫外線 シミ取り

紫外線で出来たシミは取れる!

 

顔のシミのほとんどの原因は、太陽光…つまりは紫外線の影響で発症することがほとんどです。

 

顔や体の皮膚に紫外線を受けたり、あるいは炎症が起こると、メラニンが作られます。これは肌を守ろうと言う防衛本能。

 

  • 紫外線を浴びている時間が長い
  • 強い紫外線を受けた
  • 炎症が長引いている

 

このような状況ですと、過剰にメラニンが生成され、その中で色素沈着したものがシミとなってしまう、色素沈着の元となるのは、紫外線などによってダメージを受けて傷んでしまった肌細胞。

 

唐突ですがクイズです。

 

A.新品のツルツルまな板と、使い込んだ傷だらけのまな板とどちらが食材の色が着色しますか?

 

 

主婦の方や料理を良く作る人には簡単過ぎる問題だったのではないでしょうか、そう正解は傷だらけのまな板です。このまな板を新品にしない限り、色素沈着は続くのです。

 

 

その前に紫外線から受けるダメージをなんとかしなくてはなりません、いくらまな板を新品同然にしたとしても、傷を付け続けられては意味がありません……シミ取りは、「紫外線との闘い」といっても過言ではないのです!

 

 

紫外線以外にもメラニンが作られる?!

紫外線、あるいは炎症を起こすとシミの原因になるといいましたね?復習がてら再度説明しますと、紫外線は細胞に対してダメージを与え、肌が守るための防衛本能で「メラニンを作る」のでしたね?

 

ちょこっとだけ専門的な用語を使うと、メラノサイトと呼ばれる細胞は、刺激を受けると「体が攻撃を受けているから、メラニンを作りなさい!」という情報が伝達されメラニンというシミの要素をせっせと作るわけです。

 

メラノサイトは表皮の一番下層部分「基底層」に存在します。適度なメラニンの量は皮膚を守る上で問題ありませんが過剰に出来てしまった場合にポツポツと醜いシミが出来るのです。

 

紫外線以外にも、過剰なストレス・タバコ・内蔵疾患などによってシミが出来やすくなります。とくに女性には、ストレスを抱えやすい方が男性の1.3倍ほど多く、紫外線対策をしっかりしていても「ストレスシミ」ができることも良くあります。

 

また、女性にとくに多いのは「甘いもの」取り過ぎて内臓の働きを悪くすることも多いようです。さらに近年では、女性の飲酒率が年々と高まっていますので泥酔するほどお酒を飲んでいる方はご注意ください。


おすすめ最強!シミ取り化粧品

 


ブライトニング・フォーミュラ


圧倒的なほどの支持を集めるブライトニング・フォーミュラ。

他のシミ取り化粧品と明らかに違うのは、酵素成分「マリンプロテインエキストラクト」により、お肌のターンオーバーのたびに”消えないシミの原因”となるダメージを受けた細胞を除去をしてくれるということ。

ほかのシミ用コスメでは、ダメージ細胞を除去するという発想や効果がほとんどない為、シミ・くすみ・ニキビ跡のダメージ細胞を角層まで持ち上げて排出を促します。