レーザー シミ 取れない

レーザーでシミが取れない原因

 

 

エステサロンや皮膚科クリニックでシミ取りレーザーをやったけどシミが全然消えないし、薄くもならない!

 

そんな場合はシミの種類としてレーザーでは消えないものであったと推測されます。

 

シミの種類にはいくつかあり、レーザーが利かないとのことなので、十中八九、女性ホルモンの影響からできる肝斑(かんぱん)と呼ばれるシミが原因であると思います。このシミはレーザーで消すことができません。さらに、フォトフェイシャル療法でも効果が認められるのは5人中2人ぐらい。

 

シミ消しと言えば「レーザー」と安直に考える人が増えていますが、シミの種類によってはレーザーを照射したことによって逆にシミが濃くなるケースもあります。とくに専門医のいないところですとその辺の判断を誤ってしまい施術後により酷くなって皮膚科に駆け込んでくる方も多く見受けられます。

 

肝斑のシミの特徴は、主に額、頬、口周りなど左右対称にうす茶色のシミが出来るのが特徴です。このシミは20代〜40代女性に多く見られるもので、紫外線で悪化しやすいのでUVカットは重要。

 

肝斑に対して有効な治療方法には、美白剤などが配合されたシミ取りクリームや湿布、ビタミン導入剤、トラネキサム酸の内服、ピーリングなどですが、完治には1年ぐらいの歳月がかかる。

 

他にレーザーでも取ることのできないシミは、ニキビ跡やけによる色素沈着シミもレーザーが効かないケースも多い。

 

レーザーが有効とされるのは、加齢によってできたシミ、紫外線を浴びたことによって出来たシミ、そばかす、アザ、脂漏(しろう)性角化症のシミなど。

 

シミ取り治療に使われるレーザーがシミを消すメカニズムを解説すると、しみの元であるメラニン色素がレーザー光を吸収すると熱エネルギーに変換され、メラニン細胞を壊してシミが無くなると言うわけです。もし、レーザーで消えないということはメラニンによるシミではないため効果がないということになる。

 

 

こちらのシミに関する豆知識も読まれています!

 

柑橘(かんきつ)系を食べるとシミが消える
皮脂を抑制する食べ物
アルコールを飲むと美肌になる
甘いものはシミ原因になる
SPF値が高い日焼け止めを塗ればシミにならない?
エステサロンのケミカルピーリングはヤバイ?!
レーザーでシミが取れない原因
化粧しない方がシミが出来ないは嘘?!
思春期ニキビと大人ニキビの違い
顔の産毛を剃るとくすみが消える
毛穴シートでは黒ずみは取れない
シミを消す食べ物
日焼け止めの選び方


おすすめ最強!シミ取り化粧品

 


ブライトニング・フォーミュラ


圧倒的なほどの支持を集めるブライトニング・フォーミュラ。

他のシミ取り化粧品と明らかに違うのは、酵素成分「マリンプロテインエキストラクト」により、お肌のターンオーバーのたびに”消えないシミの原因”となるダメージを受けた細胞を除去をしてくれるということ。

ほかのシミ用コスメでは、ダメージ細胞を除去するという発想や効果がほとんどない為、シミ・くすみ・ニキビ跡のダメージ細胞を角層まで持ち上げて排出を促します。