唇にできたシミ 取れる

唇にできたシミは取れる?

10代の頃にできた唇のシミなのですが、30代後半に入ってかなり目立つようになりました。これはレーザーでしか取れないんでしょうか?また、若くてもシミって出来るもんなんでしょうかね???

 

皮膚科医が認めたシミ取り化粧品ランキング

 

シミは顔、胸、腕、背中、足、そして唇にも例外なく出来る可能性があります。そのシミは加齢などは関係なく10代でも、20代でも、30代でも、40代でも、どの世代であっても出来る可能性があります。

 

シミによっては、年中、口元に海苔がついてるように思われたりして、とくに女性は気になる部分ですよね?

 

さて、唇のシミができる原因となるのが主に乾燥。乾燥は唇を荒れさせ、切れたり皮をめくれたりとにかく細胞にダメージを与える。ダメージは細胞がガタガタになり、死んだ細胞がターンオーバーしても消えて無くならない為シミになるのです。また、火傷にもご注意。

 

シミが薄い小さい時期は、グロス、口紅、コンシーラーで誤魔化せますが、一度唇に出来たシミは広がりやすいので、目立ってしまう前にスキンケアをしたり、取り除いたりしたい所。

 

治療方法としては、手っ取り早く行くのであればレーザーによる治療が良いでしょう。施術後、次の日から化粧をすることも出来て、レーザーによってできたカサブタも1週間ほどでポロリと取れます。

 

治療費用としましては米粒2個分の範囲で約1万円が相場、なお保険は適応外ですのでご注意を。また、レーザーのリスクが怖いかたは、シミが消えるまでに1か月〜2カ月くらいかかりますが、シミ取り専用の化粧品を使うと言うのもありですよ。


おすすめ最強!シミ取り化粧品

 


ブライトニング・フォーミュラ


圧倒的なほどの支持を集めるブライトニング・フォーミュラ。

他のシミ取り化粧品と明らかに違うのは、酵素成分「マリンプロテインエキストラクト」により、お肌のターンオーバーのたびに”消えないシミの原因”となるダメージを受けた細胞を除去をしてくれるということ。

ほかのシミ用コスメでは、ダメージ細胞を除去するという発想や効果がほとんどない為、シミ・くすみ・ニキビ跡のダメージ細胞を角層まで持ち上げて排出を促します。