高周波 シミ取り

高周波でシミ取りしたのですがレーザーよりも傷跡が深い

 

シミ取りについなんですが、高周波でシミを取ってもらったのですが、数年前に皮膚科でレーザーで取ったときより傷跡が深い気がします。施術してくれた方の説明によると、小さなシミをを取り除きたいときは高周波がいいと言われたのですが、傷口が気になります。高周波をしてもらったときはバチバチと焼かれているような感じでした。カサブタもレーザーの時より分厚いです。皮膚もへこんでいる感じです。

 

 

 

高周波は本来の仕様目的としては、コラーゲンなどの線維性組織に通電することで引き締め効果を得られるものなので、シミは専門外なのですが……その施術した方はちゃんとした知識がないまま営業しているようですね。信頼あるところでやらないと、レーザーや高周波は本当に跡が残ることがあり危険なんですよ。質問者のおっしゃっている「傷跡」とはやけど跡のことかと思いますがいかがでしょう。

 

高周波によるシミの治療となると、メラニンだけを認識して取るわけではないので、光が当ったところ全部に影響します。バチバチ音がなっていたとのことですので、高周波によってシミと一緒に、健康な肌までが焼かれたのだと思います。

 

先ほども言った通り、本来の目的は肌のコラーゲンなどの活性化ですので高周波は肌に当てるもの。これ自体は問題ありませんが、肌が焼けるほどの高周波エネルギーの出力設定ミスによって火傷になることはありえます。

 

この手のものは、火傷させてしまうなどの恐れが医師免許がないとやってはいけないのですが。とにかく傷跡は皮膚科に相談し、そこには損害賠償を請求した方が良いと思いますよ。


おすすめ最強!シミ取り化粧品

 


ブライトニング・フォーミュラ


圧倒的なほどの支持を集めるブライトニング・フォーミュラ。

他のシミ取り化粧品と明らかに違うのは、酵素成分「マリンプロテインエキストラクト」により、お肌のターンオーバーのたびに”消えないシミの原因”となるダメージを受けた細胞を除去をしてくれるということ。

ほかのシミ用コスメでは、ダメージ細胞を除去するという発想や効果がほとんどない為、シミ・くすみ・ニキビ跡のダメージ細胞を角層まで持ち上げて排出を促します。