毛穴の開き 治す方法

毛穴の開きを治す方法

 

毛穴の黒ずみ、ニキビ跡、シミ、くすみ、そして毛穴の開きは女性や美意識の高い男性にとって憂鬱になる悩みですよね?当サイトではそんな憂鬱の原因となる「毛穴の開きを治す方法」をまとめてみましたのでぜひとも参考にしてください!

 

毛穴の開きタイプ別の原因

何事もなにかを改善するには、まず原因を知ることです。それによって対処方法も変わってきますからね。

 

  • 毛穴が黒ずんでいて目立つ
  • 30代過ぎてから肌が脂症に
  • 毛穴の開きがまるでニキビ跡

大まかに分けて毛穴の開きによる悩みはこの3タイプ。それによって治し方も変わってきます!

 

赤ちゃん肌を取り戻す⇒ブライトニングソープ

 

毛穴が黒ずんでしまっているタイプ

毛穴が黒、白、黄色、、、どの色でも元を正せば毛穴が開いてしまい、毛穴に角栓が詰まっていることが原因。

 

このやっかいな「角栓」がどのようにできるかといいますと、皮脂、あるいは角質、ゴミが混ざってできるもの。この角栓は時間が経てば酸化してしまい、毛穴の色が黒ずんだり、時には白かったり黄色くなったりするのです。また、この角栓が毛穴に詰まって邪魔なため、毛穴がいつまで経っても元に戻らず開いたまま…ということになります。

 

 

ただ、原因が皮脂やゴミの結晶体のようなものですので、毎日欠かさず洗顔をし、スキンケアを怠らなければそのうち改善されるでしょう。

 

洗顔に置きましては力を入れてゴシゴシ洗ってしまいますと、刺激がシミの原因となったり、皮脂の分泌が過多となるインナードライは逆に角栓が出来やすくなってしまうこともあります。

 

このタイプはとにかく洗顔!きめ細かい泡で手でゴシゴシするような洗い方をしなければ絶対に良くなります。

 

 

加齢によって毛穴が開いてしまっているタイプ

歳を取ると肌が衰えて毛穴が開きやすくなります。加齢タイプの開きの見分け方は、「毛穴の形がしずく状」になっていること。肌のたるみが毛穴に出るのです。

 

人間は歳をとっても若返ることはないのでどうすることもできないんじゃ…?!

 

たるみによる毛穴の開きは、コラーゲンやヒアルロン酸を補ってあげることで目立たなくなるため、化粧品やサプリメントなどで悩みを解消できます。とくにクリーム状の化粧品と相性が良く、毛穴から直に補給して素早く働きかけてくれます。

 

 

毛穴の開きがニキビ跡のようになっているタイプ

毛穴がまるでニキビの跡のようになっているという方は皮脂腺が活発な方に多く、つねに皮脂腺から分泌される皮脂によって、脂性のギトギト、テカテカの肌の方はニキビ跡のようになっていることが多いです。また、油っこい食生活を送っている方、肥満体型の人に多いですね。

 

このニキビ跡タイプの方は、皮脂の分泌も多いことから毛穴の黒ずみしやすく違うタイプが混同している方が非常に多く改善すべき点もその分増えてきます。

 

この場をお借りして、なぜニキビ跡のようになってしまうかを説明して置きます。 皮脂が酸化しますと、これが刺激物質となってしまい毛穴周りの皮膚に対してダメージを与えてしまいます。ダメージを受けた毛穴は凹んでクレーター上となり、ニキビ跡のように見えてしまうというわけです。

 

皮脂腺が活発である人は、食生活や肥満のほか、遺伝によるものもあります。皮脂の分泌につきましてはどの脂症タイプであっても食生活である程度コントロールが可能です。これに加えて洗顔と、化粧水やクリーム、サプリメントなどでスキンケアをすれば見違えるほど変化してくるはずです。

 

赤ちゃん肌を取り戻す⇒ブライトニングソープ


おすすめ最強!シミ取り化粧品

 


ブライトニング・フォーミュラ


圧倒的なほどの支持を集めるブライトニング・フォーミュラ。

他のシミ取り化粧品と明らかに違うのは、酵素成分「マリンプロテインエキストラクト」により、お肌のターンオーバーのたびに”消えないシミの原因”となるダメージを受けた細胞を除去をしてくれるということ。

ほかのシミ用コスメでは、ダメージ細胞を除去するという発想や効果がほとんどない為、シミ・くすみ・ニキビ跡のダメージ細胞を角層まで持ち上げて排出を促します。