インナードライ 治す方法

インナードライを治す方法

 

インナードライ…だからといって、洗顔をしないでいても皮脂や角栓、肌に付着したゴミが毛穴の開きの原因となり、さらに黒ずみやシミの元となります。では、インナードライになってしまったらどうすれば良いのか?その治す方法を紹介いたします。

 

 

インナードライに必要なのはとにかく保水・保湿。この機能を持ち合わせている化粧品や洗顔フォームが良いですね。肌の欲求を満たしてあげることで余計な皮脂を作らなくなっていきます。

 

あとは洗顔、しっかりと洗浄力がある、でも必要以上に皮脂を除去しない…そんな洗顔石鹸が理想的です。またこすり洗いは厳禁、もっちりとした泡で優しく優しく刺激にならないように洗いましょう。刺激が強いとこれもまたインナードライの原因となるからです。

 

インナードライ対策は化粧品も使ってやりたいところ

優しく洗顔をしても、ある程度ターンオーバーしきるまでは効果が薄い。ターンオーバーは28日周期で新しい肌に入れ替わります。これによってインナードライは改善されていくわけなのですが、まだ出来上がっていない肌は刺激に弱く洗顔することで肌内部の水分油分が失われやすいのです。

 

できれば保湿力、保水力を化粧品で高めることで早くインナードライを治すことが期待できます。

 

赤ちゃん肌を取り戻す⇒ブライトニングソープ


おすすめ最強!シミ取り化粧品

 


ブライトニング・フォーミュラ


圧倒的なほどの支持を集めるブライトニング・フォーミュラ。

他のシミ取り化粧品と明らかに違うのは、酵素成分「マリンプロテインエキストラクト」により、お肌のターンオーバーのたびに”消えないシミの原因”となるダメージを受けた細胞を除去をしてくれるということ。

ほかのシミ用コスメでは、ダメージ細胞を除去するという発想や効果がほとんどない為、シミ・くすみ・ニキビ跡のダメージ細胞を角層まで持ち上げて排出を促します。