エステサロン ケミカルピーリング ヤバイ

エステサロンのケミカルピーリングはヤバイ?!

 

 

古くなった角質などを薬剤で溶かし、ターンオーバーを促す治療法であるケミカルピーリング。エステサロンでもおなじみですよね?

 

この治療方法で、気になる顔のくすみ、シミ、小じわ、ニキビ跡などに効果があることで治療を受けられる人も年々増えています。確かに最近では、自宅でもピーリング効果のある石けんやピーリングキットなども販売されています。

 

しかし本来、ケミカルピーリングは平成12年11月の厚生省(現厚生労働省)の通達によって「医師のみが行なえる医療行為である」とされました。

 

つまり、専門の免許がないと施術してはいけないのです。ヤバイ匂いがしませんか?

 

一部のエステティックサロンなどではケミカルピーリングによるトラブルも少なくはありません。具体的にどのようなトラブルかと言うと、

  • 「シミを取り除くために受けたら黒ずみが残った」
  • 「肌が赤くはれて外を歩けない」
  • 「まるで、やけどのような傷ができた」

 

などのトラブルが多発したため医療行為と定められたのです。つまり素人には手に余ること。

 

現在でもケミカルピーリングを行なっているエステサロンも存在しますが、トラブルのないよう薬剤濃度は低く抑えられている。自分でやるためのキットや石けんなども同様に濃度は低い。これでもトラブルが出るほどなので、やはり専門の皮膚科や美容外科に相談した方が良いことです。

 

また、ピーリング後は紫外線からの影響を受けてシミが出来やすくなります。肌が薄くなっているので当然と言えば当然、ちょっと考えればわかるとこでしょうが、それでも素人だとその辺のケアを怠りがち。

 

これでは、かえって皮膚を傷つけることになり、シミやしわなどの肌トラブルの原因となってしまいます。

 

 

こちらのシミに関する豆知識も読まれています!

 

柑橘(かんきつ)系を食べるとシミが消える
皮脂を抑制する食べ物
アルコールを飲むと美肌になる
甘いものはシミ原因になる
SPF値が高い日焼け止めを塗ればシミにならない?
エステサロンのケミカルピーリングはヤバイ?!
レーザーでシミが取れない原因
化粧しない方がシミが出来ないは嘘?!
思春期ニキビと大人ニキビの違い
顔の産毛を剃るとくすみが消える
毛穴シートでは黒ずみは取れない
シミを消す食べ物
日焼け止めの選び方


おすすめ最強!シミ取り化粧品

 


ブライトニング・フォーミュラ


圧倒的なほどの支持を集めるブライトニング・フォーミュラ。

他のシミ取り化粧品と明らかに違うのは、酵素成分「マリンプロテインエキストラクト」により、お肌のターンオーバーのたびに”消えないシミの原因”となるダメージを受けた細胞を除去をしてくれるということ。

ほかのシミ用コスメでは、ダメージ細胞を除去するという発想や効果がほとんどない為、シミ・くすみ・ニキビ跡のダメージ細胞を角層まで持ち上げて排出を促します。